ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
サイト内検索
B-Wiki 最新記事ブロック
渡りチョウを調べる会 : 日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト 公開シンポジウム(ご案内)
投稿者: asagi 投稿日時: 2013-11-3 16:19:23 (985 ヒット)

11月9日(土)に大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(大阪府堺市)で開催される日本鱗翅学会第60回大会1日目に、下記のように恒例のアサギマダラプロジェクト公開シンポジウム(申込不要・入場無料)を開催しますので、お知らせします。

また、当日は大会が企画した参加無料の記念シンポジウム等(午後1時〜午後6時)も開催されますので、こちらにも是非ご参加ください。

− 記 −

日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト
公開シンポジウム(ご案内)

世話人:渡りチョウを調べる会(旧アサギマダラプロジェクト)

日時:2013年11月9日(土)  午後4時45分〜午後6時
場所:大阪府立大学中百舌鳥キャンパス B3棟1階
(南海高野線白鷺駅または地下鉄御堂筋線なかもず駅より徒歩約15分)

 大会URLhttp://lepi-jp.org/event2/fr_event.htm

プログラム:
<午後4時45分〜午後6時>
日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム(申込不要・入場無料)
世話人:渡りチョウを調べる会
○橋本定雄・三枝博幸(富士山アサギマダラを調べる会)
 富士山周辺から展望するアジアのアサギマダラ
金沢至(大阪市立自然史博物館)
 アサギマダラなどの移動蝶の最新情報

参考
<午後1時〜午後3時15分>第60回大会記念公開シンポジウム(申込不要・入場無料)
● 「鱗翅学最近の進歩」 (B3棟117大講義室)
本田 計一 (広島大学)
 マダラチョウの生活に関わる植物成分とその多様な機能
川北 篤 (京都大学)
 ホソガ科ハナホソガ属における絶対送粉共生の進化
中谷 貴壽 (信州大学)
 DNAで探る高山蝶の来た道
坂本 佳子 (大阪府立大学)
 細胞内共生細菌がシルビアシジミに与える影響

<午後1時〜午後6時> (B3棟106会議室)(申込不要・入場無料)
● 高校生ポスター研究発表 (午後3時30分よりプレゼンテーション)
● 澤口尚子 「チョウの郵便印とイラスト」作品展
● チョウとガの標本展

日本鱗翅学会第60回大会 事務局・平井

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド