ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
サイト内検索
B-Wiki 最新記事ブロック
アサギマダラプロジェクト : アサギマダラプロジェクト公開シンポジウムのお知らせ
投稿者: asagi 投稿日時: 2017-5-7 22:04:34 (101 ヒット)

アサギマダラプロジェクト公開シンポジウムが開催されます。参加は無料で、日本鱗翅学会会員でなくてもお聴きいただけますので、どうぞお出で下さい。

まず午後1時から下記の講演が行われます。

日本鱗翅学会近畿支部第155回例会(13:00ー14:15)

招待講演 長田庸平(大阪市立自然史博物館):
機ザ歐性小蛾類の分類学的研究およびキノコ害虫の識別法
供ゥ潺ドアゲハの日本産亜種の再検討と本土亜種の分布拡大

一般講演 寺本憲之(滋賀県立大学/琵琶湖博物館):
宇宙ステーションをつくるオドリハマキモドキ(ハマキモドキガ科)の幼生期

続いてシンポジウムです。

日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム(最終回)
「アサギマダラの移動のなぞはどこまで解明されたか?」
世話役:渡りチョウを調べる会
共催:日本鱗翅学会近畿支部

日時:2017年5月14日(日)14時30分〜17時
場所:大阪府立大学I-siteなんば2階会議室
  (最寄駅:地下鉄「大国町」「恵美須町」、南海「難波」「今宮戎」)
   http://www.osakafu-u.ac.jp/info/campus/access/ 
会費:無料(非会員の参加も歓迎します)

1.趣旨説明(14:30〜14:40)
  石井 実(近畿支部)

2.市民を中心に展開してきたアサギマダラのマーキング調査〜アサギマダラプ
ロジェクトの活動を振り返って(14:40〜15:00)
  宮武 頼夫(近畿支部)

3.愛知県の活動からアサギマダラの生態を考える(15:00〜15:30)
  窪田 宣和(東海支部)

4.武庫川沿岸流域から見たアサギマダラの移動(15:30〜16:10)
  渡辺 康之(近畿支部)

5.総合討論(16:20〜16:50)
 アサギマダラの移動のなぞはどこまで解明されたか?
 進行:石井 実

6.閉会(16:50〜17:00)
  渡辺 康之(日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト担当理事)
  宮武 頼夫(渡りチョウを調べる会代表)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド