ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
サイト内検索
B-Wiki 最新記事ブロック
投稿者: asagi 投稿日時: 2009-11-2 18:37:25 (1123 ヒット)

日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウムを開催しますので、ぜひご参加ください。

世話人:渡りチョウを調べる会(旧アサギマダラプロジェクト)
(日時:2009年11月7日(土)13:10〜14:40)
(場所:日本鱗翅学会第56回大会会場(名城大学天白キャンパス))

開会挨拶 宮武頼夫
特別講演「写真で追うアサギマダラの旅」佐藤英治
「愛知県のアサギマダラ調査とその特徴」窪田宣和
「アサギマダラの移動 最近の話題」金沢 至


投稿者: kana 投稿日時: 2009-7-15 10:06:42 (1245 ヒット)

渡りチョウを調べる会、アサギマダラを調べる会、日本鱗翅学会、日本昆虫協会が合同でアサギマダラのマーキング会をびわ湖バレイで開催します.次が案内文ですから,よかったら,参加をお願いします.特に申込みは必要ありません.

■アサギマダラのマーキング会(滋賀県)
アサギマダラを捕獲して、ハネにマーク(標識)を書いて放蝶し、移動の調査をします。はじめての人は指導しますので、どうぞご参加ください。
主 催:渡りチョウを調べる会・アサギマダラを調べる会・日本鱗翅学会・日本昆虫協会
会 場 所:滋賀県大津市(旧志賀町)びわ湖バレイ
日 時:2009年8月1日(土) 9:30〜15:00
集 合:9:30にびわ湖バレイロープウェイ乗り場に集合のこと。

ポイント案内
http://www.asagi-org.jp/xoops2/modules/mygmap/?cat=12#

持 物:捕虫網(昆虫採集用)、油性フェルト(マジック)ペン(黒、細書き)、プラスチック定規(短いもの)、筆記用具、弁当、水筒、雨具、その他野外調査に必要と思われるもの。
注 意:当日の滋賀県北部の降水確率が40%以上の場合は中止。1日が中止になったら、2日(日)に実施します。

問合せ:〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館
昆虫研究室 金沢 至 TEL 06-6697-6221(代) FAX 06-6697-6225(代)
E-mail:kana@mus-nh.city.osaka.jp


投稿者: asagi 投稿日時: 2009-5-5 14:30:11 (1434 ヒット)

今年も下記のように公開シンポジウムが開催されますので、ご案内いたします。今回は、広島大学の本田計一教授に、渡りをするチョウ、アサギマダラのアルカロイド類の利用について、一般の皆さまにもわかりやすく解説をしていただきます。どなたでも参加できますので、多数のご来場をお待ちしております。

日時:2009年5月10日(日)15:30〜17:00
会場:大阪市立自然史博物館講堂(南側の通用口から入ってください)
主催:日本鱗翅学会
共催:日本鱗翅学会近畿支部・大阪市立自然史博物館・渡りチョウを調べる会
参加:無料(博物館の展示をご覧になる方は入館料が必要です)

<プログラム>
1.特別講演 アサギマダラの化学生態あれこれ ・・・ 本田 計一(広島大学)
2.2008年のアサギマダラの調査成果報告 ・・・ 金沢 至(大阪自然史博物館)
3.総合討論

※当日、同じ会場で10:00〜12:00に運営委員会・総会を行います。一般会員の方も運営委員会にオブザーバーとして参加いただけます。
※同じ会場で13:00〜15:30には、日本鱗翅学会近畿支部と渡りチョウを調べる会の合同例会が行われます。アサギマダラについての一般講演も行われる予定ですので、関心のある方は、こちらへも是非、ご参加ください(非会員の方も、参加できます)。
※公開シンポジウム終了後に、懇親会も予定しています(会場・参加料は未定です)。

※合同例会の講演題目(予定。共催:渡りチョウを調べる会・昆虫学会近畿支部
・市立自然史博物館)
1.ヤナギ類に潜るコハモグリガ
○小林茂樹・広渡俊哉 (大阪府大院・昆虫)・黒子 浩 (阪南市)
2.モモシンクイガの近縁種Carposina niponensisの正体
○那須義次(和歌山県)・玉嶋勝範(大分県)・吉松慎一 (茨城県)
3.滋賀県湖北地方での特殊生糸生産と邦楽器糸の
絹セリシンの役割               寺本憲之 (滋賀県)
4.japonicaに対するシロウズスジグロシロチョウという
新和名の経緯                  松田真平 (大阪市)
5.大阪府内の都市公園におけるチョウ類群集の変化
―19年前との比較― ○川崎典晃・石井 実(大阪府大院・昆虫)
6.クロマダラソテツシジミの2008年における兵庫県での
分布の推移 ○森地重博・近藤伸一 (神戸市)
7.天川周辺のアサギマダラ 平 恵子(アサギマダラを調べる会)
8.池田市の五月山に飛来するアサギマダラ
今城香代子(池田・人と自然の会)

お問い合わせ:
・公開シンポジウムについては、
渡りチョウを調べる会事務局
平井規央 072-254-9413(大阪府立大学昆虫学研究室)

・会場については、
大阪市立自然史博物館
金沢 至 06-6697-6221


投稿者: asagi 投稿日時: 2009-3-1 14:53:51 (1517 ヒット)

ご要望により、過去に発行された年鑑の目次を掲載します。

アサギマダラ年鑑2003・2000
目次
2003年の放蝶状況
 各都道府県のマーキング状況(2003年)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金沢 至・・・・1
2003年の再捕獲状況
 2003年再捕獲記録・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川政興・山本博子・金沢 至・・・・21
論説・報告・解説
 アサギマダラ長距離移動の特徴 2002年・2003年,全国再捕獲資料の
まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川政興・・・・39
 盛夏に鹿児島市の低地に飛来したアサギマダラ・・・・・・・・・・・・・・福田晴夫・・・・69
 2003年4月南大東島から宮崎県に飛来したアサギマダラ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福田晴夫・花宮廣務・・・・72
 石垣島のアサギマダラ2003年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河野勝行・・・・78
 2003年の三ヶ根山におけるアサギマダラの移動・・・・・・・・・・・伊豫田壽男・・・・81
 大韓民国におけるアサギマダラ調査(2004年)
・・・・・・・・・・・・・・・宮武頼夫・村上 豊・金沢 至・白 種哲・・・・85
2000年の放蝶状況
 各都道府県のマーキング状況(2000年)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金沢 至・・・・91
編集後記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・106
日本鱗翅学会への入会のおすすめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・107
付録CD(アサギマダラ年鑑のファイル類)


投稿者: asagi 投稿日時: 2009-3-1 14:39:37 (1447 ヒット)

ご要望により、過去の年鑑の目次を掲載します。

アサギマダラ年鑑2001
目次
まえがき
アサギマダラから広がる夢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福田 晴夫・・・・・3
2001年の放蝶状況
 日本・台湾のマーキング状況総括(2001年)・・・・・・・・・・・・・・・・福田 晴夫・中峯 浩司・・・・・5
 各都道府県のマーキング状況(2001年)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
2001年の再捕獲状況
 2001年マーキングによる移動記録からの考察・・・・・・・・・・・・・・・・福田 晴夫・中峯 浩司・・・・23
 2001年の移動記録一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大原 賢二・中峯 浩司・・・・31
日本列島〜台湾におけるアサギマダラの移動記録一覧(1980〜2000年)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大原 賢二・中峯 浩司・・・・36
論説・報告・解説
 アサギマダラの移動方向と地上風向との関連
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平井 規央・山本 博子・石井 実・・・・46
 石垣島のアサギマダラ2001年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河野 勝行・・・・53
 西表島と南大東島のアサギマダラ情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長嶺 邦雄・・・・54
 佐渡島(新潟県)のアサギマダラ情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金子 岳夫・・・・56
 薩摩半島南部におけるアサギマダラの食草ツルモウリンカによる越冬状況
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中峯 浩司・・・・58
 2001年,台湾におけるアサギマダラのマーキング状況
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・李 信徳・・・・・・63
 台湾におけるアサギマダラの生息地,食草,周年経過・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福田 晴夫・・・・64
 ミズヒマワリの逸出繁茂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金沢 至・藤原 直子・鈴木 友之・・・・71
マーキング調査について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73
アサギマダラ年鑑2002」の発行に向けて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・74
日本鱗翅学会への入会のおすすめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・74
あとがき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・74


投稿者: asagi 投稿日時: 2009-3-1 13:31:35 (1537 ヒット)

過去のアサギマダラ年鑑の目次を掲載していませんでした。ご要望により掲載します。

アサギマダラ年鑑1999
■目次 CONTENTS
はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福田 晴夫・藤井 恒・金沢 至・・・・2
アサギマダラのマーキング調査のあゆみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福田 晴夫・・・・3
1999年のアサギマダ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
 1.全国の状況
 2.各都道府県の状況
 3.海外の状況(台湾)
1999年の標識記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18
 1.全国集計(集計表)
 2.都道府県別一覧表
 3.海外(台湾)
アサギマダラ年鑑2000の発行へご協力下さい!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・56
1999年の移動記録・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・57
 1.全国集計
 2.都道府県別再捕獲データ
  出発地別の記録一覧
  再捕獲地別の記録一覧
 3.長距離移動した個体のデータ一覧
 4.どこで標識・放蝶されたかが不明な個体のデータ一覧
マーキング調査について:アサギマダラのマーキング調査にあたなも参加しませんか?
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・89
 1.目的
 2.調査にあたって注意すべきこと
 3.マーキングの仕方(標識法)
 4.標識・再捕獲報告のお願い
アサギマダラ年鑑2000・手書き原稿用の記入用紙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・94
 1.標識(マーキング)データ用
 2.再捕獲(再確認)データ用
編集後記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・96


投稿者: asagi 投稿日時: 2009-1-1 2:04:13 (1485 ヒット)

旧年中は誠にお世話になりました。今年も当サイトをよろしくお願いいたします。


投稿者: kana 投稿日時: 2008-12-18 17:32:50 (1247 ヒット)

金沢です。台湾の陳さん、日本の日吉さんによると、次の再捕獲がありました。

標識: 石ひよし078N (Nは家内のイニシアルです)
性別: ♂
標識地: 石川県輪島市鉢伏山(はちぶせやま)
標識日時: 2006年8月6日 7:24
標識時の挙動: ヨツバヒヨドリで吸蜜中
天候: 晴・風弱く
気温: 23℃
鮮度: N・破損なし
前翅長: 57mm
標識者: 日吉南賀子(ひよしながこ)



再捕獲者:朱建青
捕獲日期:2006年10月14日
再捕獲地:浙江省平湖市乍浦鎮九龍山森林公園
經 緯 度:(N30°35' 53"、E121°06'36")

日本で標識されたアサギマダラが、中国大陸で再捕獲されたのは初めてのことで、奇跡的な快挙です。

関係者の皆様、おめでとうございます。


投稿者: hsnufox 投稿日時: 2008-12-8 18:34:34 (2230 ヒット)

皆さん、こんいちは、台湾の李です。


以下、先数日再捕獲情報です。

台湾胡蝶保育学会ボランティアの謝桓さんは12/3、午前11時ごろ、

桃園県(台湾西北部)石門水庫附近の山地で、マークのアサギマダラを再捕獲しました。


標識: 10/12 ハズ MM150
性別: メス

再捕獲地: 桃園県 香光山寺(石門水庫附近の山地)
再捕獲日: 2008年12月3日 11時ごろ
再捕獲者: 謝桓(台湾胡蝶保育学会ボランティア)

備考: シロセンダングサを訪花。


投稿者: kana 投稿日時: 2008-11-29 15:18:18 (1333 ヒット)

次の再捕獲がありました。五島列島の上五島から蘭嶼島への移動です。

標識:MG 1085 10/21 上五島
性別:♀

標識日:2008年10月21日
標識地:長崎県南松浦郡新上五島町(中通島)高熨斗山標高400m付近の林道
標識者:野下広人



再捕獲日:2008年11月22日 午前10時
再捕獲地:台湾国台東縣蘭嶼島小天池蘭嶼燈塔付近
再捕獲者:林家弘

台湾と日本の間の移動はちょうど10頭目(台湾→日本が4頭、日本→台湾が6頭)です。その内2頭が五島列島→蘭嶼島で、蘭嶼島での再捕獲は3/6で半分です。強力なルートとして注目が集まります。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 »