ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
サイト内検索
B-Wiki 最新記事ブロック
投稿者: asagi 投稿日時: 2017-5-7 22:04:34 (266 ヒット)

アサギマダラプロジェクト公開シンポジウムが開催されます。参加は無料で、日本鱗翅学会会員でなくてもお聴きいただけますので、どうぞお出で下さい。

まず午後1時から下記の講演が行われます。

日本鱗翅学会近畿支部第155回例会(13:00ー14:15)

招待講演 長田庸平(大阪市立自然史博物館):
機ザ歐性小蛾類の分類学的研究およびキノコ害虫の識別法
供ゥ潺ドアゲハの日本産亜種の再検討と本土亜種の分布拡大

一般講演 寺本憲之(滋賀県立大学/琵琶湖博物館):
宇宙ステーションをつくるオドリハマキモドキ(ハマキモドキガ科)の幼生期

続いてシンポジウムです。

日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム(最終回)
「アサギマダラの移動のなぞはどこまで解明されたか?」
世話役:渡りチョウを調べる会
共催:日本鱗翅学会近畿支部

日時:2017年5月14日(日)14時30分〜17時
場所:大阪府立大学I-siteなんば2階会議室
  (最寄駅:地下鉄「大国町」「恵美須町」、南海「難波」「今宮戎」)
   http://www.osakafu-u.ac.jp/info/campus/access/ 
会費:無料(非会員の参加も歓迎します)

1.趣旨説明(14:30〜14:40)
  石井 実(近畿支部)

2.市民を中心に展開してきたアサギマダラのマーキング調査〜アサギマダラプ
ロジェクトの活動を振り返って(14:40〜15:00)
  宮武 頼夫(近畿支部)

3.愛知県の活動からアサギマダラの生態を考える(15:00〜15:30)
  窪田 宣和(東海支部)

4.武庫川沿岸流域から見たアサギマダラの移動(15:30〜16:10)
  渡辺 康之(近畿支部)

5.総合討論(16:20〜16:50)
 アサギマダラの移動のなぞはどこまで解明されたか?
 進行:石井 実

6.閉会(16:50〜17:00)
  渡辺 康之(日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト担当理事)
  宮武 頼夫(渡りチョウを調べる会代表)


投稿者: asagi 投稿日時: 2016-10-5 16:04:42 (406 ヒット)

今年の日本鱗翅学会大会は、神奈川県湘南で開催され、恒例の公開シンポジウムもあります。

プログラム
http://lepi-jp.org/event3/evt_16/program_lsj63b.htm
を参考にしてください。

第1日目の10月22日(土)16:15〜17:45の90分の小集会です。

日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム
A会場(121講義室)
世話人:渡辺康之・金沢 至
WA-1 佐藤 元(気象予報士)
 アサギマダラの移動と風
WA-2 守屋武二(しろやま自然観察グループ)
 神奈川県北西部のアサギマダラの生活史
WA-3 金沢 至(大阪市立自然史博物館)
 2015〜2016年のアサギマダラの調査結果

公開ですから、会員でなくても参加できます。関東地方の方はぜひご参加ください。


投稿者: asagi 投稿日時: 2016-7-12 11:19:53 (568 ヒット)

渡りチョウを調べる会、日本鱗翅学会、アサギマダラの会、BVアサギマダラの会、日本昆虫協会が合同でマーキング会をびわ湖バレイで開催します。以前から毎年行っているものです。次が案内文ですから、よかったらご参加をお願いします。特に申込みは必要ありません。

■アサギマダラのマーキング会(滋賀県)
アサギマダラを捕獲して、ハネにマーク(標識)を書いて放蝶し、移動の調査をします。はじめての人は指導しますので、どうぞご参加ください。
主 催:渡りチョウを調べる会・日本鱗翅学会・アサギマダラの会・BVアサギマダラの会・日本昆虫協会
会 場 所:滋賀県大津市びわ湖バレイ
日 時:2016年8月6日(土) 9:30〜15:00
集 合:9:30にびわ湖バレイロープウェイ乗り場に集合のこと。
持 物:捕虫網(昆虫採集用)、油性フェルト(マジック)ペン(黒、細書き)、プラスチック定規(短いもの)、筆記用具、弁当、水筒、雨具、その他野外調査に必要と思われるもの。
注 意:当日の滋賀県北部の降水確率が50%以上の場合は中止。8月6日が中止になったら、翌8月7日(日)に実施します。

問合せ:〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館
昆虫研究室 金沢 至 TEL090-3724-1321 FAX 06-6697-6225(代)
E-mail:p.niphonica@gmail.com


投稿者: asagi 投稿日時: 2015-10-29 17:22:46 (586 ヒット)

今年の日本鱗翅学会大会は、鳥取で開催され、恒例の公開シンポジウムもあります。

プログラム
http://lepi-jp.org/event2/evt_15/program_lsj62b.htm

を参考にしてください。

第2日目の11月1日(日)13:30〜14:45

日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム

本田 計一:アサギマダラの配偶・繁殖の生態生理

金沢 至:アサギマダラなどの移動蝶の調査−2014年の成果−

関心のある方は、ぜひご参加ください。学会員でなくても参加できます。


投稿者: asagi 投稿日時: 2014-7-21 11:02:29 (1030 ヒット)

渡りチョウを調べる会、日本鱗翅学会、アサギマダラの会、BVアサギマダラの会、日本昆虫協会が合同でマーキング会をびわ湖バレイで開催します。以前から毎年行っているものです。次が案内文ですから、よかったらご参加をお願いします。特に申込みは必要ありません。

■アサギマダラのマーキング会(滋賀県)
アサギマダラを捕獲して、ハネにマーク(標識)を書いて放蝶し、移動の調査をします。はじめての人は指導しますので、どうぞご参加ください。
主 催:渡りチョウを調べる会・日本鱗翅学会・アサギマダラの会・BVアサギマダラの会・日本昆虫協会
会 場 所:滋賀県大津市びわ湖バレイ
日 時:2014年8月2日(土) 9:30〜15:00
集 合:9:30にびわ湖バレイロープウェイ乗り場に集合のこと。
持 物:捕虫網(昆虫採集用)、油性フェルト(マジック)ペン(黒、細書き)、プラスチック定規(短いもの)、筆記用具、弁当、水筒、雨具、その他野外調査に必要と思われるもの。
注 意:当日の滋賀県北部の降水確率が50%以上の場合は中止。8月2日が中止になったら、翌8月3日(日)に実施します。
問合せ:〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館
昆虫研究室 金沢 至 TEL:090-3724-1321 FAX 06-6697-6225(代)
E-mail:p.niphonica@gmail.com


投稿者: asagi 投稿日時: 2012-10-20 13:26:30 (815 ヒット)

渡りチョウを調べる会 公開シンポジウムのご​案内

シンポジウムのお知らせです。日本鱗翅学会第59回大会の2日目(10月28日、日曜日)に、下記のように恒例のアサギマダラプロジェクト公開シンポジウムを開催しますので、多数のご参加をお願いします。また、アサギマダラに関心をお持ちの方に、広くご周知いただけましたら、ありがたく存じます。

2012.10.3
渡りチョウを調べる会
会長 宮武 頼夫

− 記 −

日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト
公開シンポジウム(ご案内)

世話人:渡りチョウを調べる会(旧アサギマダラプロジェクト)

日時:2012年10月28日(日)13:30〜14:30 日本鱗翅学会大会2日目
場所:愛媛大学城北キャンパス グリーンホール
   〒790-8577 松山市道後樋又10番13号
   Tel 089-927-9000(代)
JR松山駅,松山市駅から伊予鉄道市内電車「赤十字病院前」下車,徒歩約3分
参加費無料(その他の鱗翅学会のプログラムに参加する場合は別途参加費が必要)

 大会URL http://lepi-jp.org/event/fr_event.htm

プログラム:
● 公開シンポジウム (会場−1グリーンホール、13:30〜14:30)
W−01 アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム
世話人 渡りチョウを調べる会
・四国地方における最近のアサギマダラの行動と生態について
山崎三郎・片岡雅美・楠瀬伸子
・愛媛県におけるマーキング活動の現状と課題
橋越清一・若山勇太・中村悦子
・アサギマダラなどの移動性昆虫の最新知見
金沢 至


投稿者: asagi 投稿日時: 2012-5-3 10:54:20 (972 ヒット)

毎年5月前半に開催している表題の行事は、今年も次のように行われます。ぜひご参加ください。

日本鱗翅学会近畿支部第145回例会・シンポジウムのご案内

下記のとおり第145回例会・シンポジウムを開催しますので、多数の方のご参加をお願い申し上げます。会員以外の方のご参加も歓迎します。
日  時:2012年5月6日(日)13:00〜17:00
会  場:大阪市立自然史博物館 講堂
(長居公園;展示をご覧にならない方は、長居東バス停近くの南側通用口から入場してください)
懇親会:例会終了後に懇親会を開催します。会費4,000円の予定。

講演題目(共催:渡りチョウを調べる会・昆虫学会近畿支部・大阪市立自然史博物館)
1. アトモンヒロズコガ(ヒロズコガ科)に近縁な1未知種
○長田庸平・広渡俊哉(大阪府大院)・坂井誠(共生科学)
2.昆虫食性鳥類4種の巣に発生する鱗翅類
○那須義次・村濱史郎・松室裕之・上田恵介・広渡俊哉(和歌山県他)
3.マドガ科の窓
○吉安 裕(京都市)
4.兵庫県佐用町昆虫館周辺で再捕獲されたアサギマダラのマーク個体−2010年と2011年の記録−
○宮武頼夫(奈良県)
5.植物園におけるキタキチョウ越冬生態調査結果
○伊藤ふくお(奈良県)
6.ブータンシボリアゲハとブータンの自然
○渡辺康之(NRC)

アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム(15:00〜)
1.台湾におけるアサギマダラの移動調査・・・・・ 犬嶋 満(愛知アサギマダラの会)
2.ヒメアカタテハの移動と生活史・・・・・中上喜史(螢縫紂璽献Д奪)・石井 実(大阪府立大学)
3. 2011年のアサギマダラの調査成果報告 ・・・ 金沢 至(大阪市立自然史博物館)
4.総合討論


投稿者: asagi 投稿日時: 2011-4-21 14:15:43 (1137 ヒット)

下記のとおり日本鱗翅学会近畿支部第142回例会・公開シンポジウムが開催されます。多数の方のご参加をお願い申し上げます。会員以外の方も参加可能です。

日  時:2011年5月7日(土)13:00〜17:00
会  場:大阪市立自然史博物館 講堂
(長居公園;展示をご覧にならない方は、長居東バス停近くの南側通用口から入場してください。)
懇親会:例会終了後に懇親会を開催します。参加ご希望の方は5月4日までにご連絡ください。会費4,000円の予定。

講演題目(共催:渡りチョウを調べる会・昆虫学会近畿支部・市立自然史博物館)
1.コウノトリの巣に生息する昆虫類とアカマダラハナムグリの生態
 那須義次・村濱史郎・三橋陽子・大迫義人・上田恵介(和歌山県他)
2.ウスバシロエダシャクの黒化型と日周活動性
 竹内啓一(大阪府大・緑地環境)・金沢 至(大阪市立自然史博物館)
3.大和葛城山付近のヤマトスジグロシロチョウの標本
 松田真平(大阪市)
4.マーキングによるキタキチョウ越冬調査
 伊藤ふくお(奈良県)
5.山口県西部のアサギマダラ調査
 福村拓己(長州アサギマダラの会)
6.滋賀県びわ湖バレイのアサギマダラ 復活の試み
 金田 忍・藤野適宏(BVアサギマダラの会)

アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム(15:00〜)
1.屋久島におけるアサギマダラの移動調査
 久保田義則(鹿児島昆虫同好会)
2.石川県におけるアサギマダラの移動調査−能登半島を中心に
 松井正人(百万石蝶談会)
3.2010年のアサギマダラの調査成果報告
 金沢 至(大阪市立自然史博物館)
4.総合討論


投稿者: asagi 投稿日時: 2010-10-24 13:08:22 (1052 ヒット)

日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウムが次のように開催されます。日本鱗翅学会会員でなくても参加できます。ふるってご参加ください。

世話人:渡りチョウを調べる会(旧アサギマダラプロジェクト)
日時:2010年10月31日(日)15:10〜16:10
場所:東京大学弥生キャンパス(農学部)弥生講堂一条ホール (大会A会場)
〒113-0033 東京都文京区弥生1-1-1
地下鉄(東京メトロ)南北線「東大前」下車1分

プログラム:
【特別講演】
アサギマダラの11万頭のマーキング調査から見えて来たこと
〜福島県グランデコスキー場での6年間の夏期一ヶ月連続調査を軸として〜
  栗田昌裕(群馬パース大学大学院)

【成果報告】
アサギマダラの移動、最近の話題
  金沢 至(大阪市立自然史博物館)


投稿者: asagi 投稿日時: 2010-5-3 9:47:37 (1360 ヒット)

日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム・近畿支部第140回例会が、下記のとおり開催されますので、多数の方のご参加をお願い申し上げます。会員以外の方の参加も歓迎します。
‘時:2010年5月8日(土)13:00〜17:00
会場:大阪市立自然史博物館 講堂
(長居公園;長居東バス停近くの南側通用口から入場してください。展示をご覧になる場合には、花と緑と自然の情報センターから入場してください)
懇親会:例会終了後に懇親会を開催します。参加ご希望の方は5月5日までに金沢までご連絡ください。会費4000円の予定です。

講演題目
・中国湖南省で発見されたホソガ科オビギンホソガ亜科の新種
 ○小林茂樹・広渡俊哉(大阪府大院・昆虫)・黄 国華(湖南農大)
・滋賀県の蚕糸業の推移
 寺本憲之(びわ湖の森の生き物研究会)
・ツゲノメイガ、アゲハモドキ、ナガサキアゲハ幼虫の日周活動性
 ○竹内啓一(大阪府立大学)・金沢 至(大阪市立自然史博物館)
・ハヤシミドリシジミのタイプ産地Pung-Tung の位置判明の経緯
 松田真平(大阪府)
・蝶の翅の銀色斑紋部の構造と光学特性
 棚橋一郎(大阪工業大学・工学部)
・兵庫県宝塚市武庫川におけるアサギマダラの調査
 渡辺康之(NRC)

公開シンポジウム
・四国東部におけるアサギマダラの移動調査−徳島県を中心に  
 大原賢二(徳島県立博物館)
・海を渡って長距離移動するチョウとガ
 吉松慎一(農業環境技術研究所)
・2009年のアサギマダラの調査成果報告
 金沢 至(大阪市立自然史博物館)
・総合討論


(1) 2 »